★★★ ロードマチックのうんちく ★★★

製造からそろそろ50年が経過しLMもアンティークと言える時計になってきました。当時既にクォーツ時計が発売され数年が経過していましたが、まだまだクォーツは高価な時計でした。60年代後半からはハイビート化がメジャーになったゼンマイ式時計は、61GS、45GS、56GS、56KS、52KSなどが高級時計として君臨していました。56KS、52KSのベースになった時計が56LMであり、今回ご紹介させて頂いた52LMです。面白いもので56LMはその後ハイビート化され56LMデラックス(DX)となり、今回のLMスペシャルが誕生します。ハイビート化されたLMは特別調整されていないGS、KSと言え、時計としては完成形とも言えます。52LMは、現行機である4S系のベースと言える構造をしているのも頷けます。52LMは、防水、デイデイト(ジャスト)、秒規制、薄型自動巻など当時求められた機能がふんだんに取り込まれた時計で52KSの現存数が少ないことからも今後注目されても良い時計だと考えています。状態の良いものは速めにGETされてはいかがでしょうか? 宣伝かい!?(笑)。


ちなみに、LM52の機械は後に5206から5216へ変わり、SPAECIAL表記も筆記体から楷書体に変更になります。
日付変更時間帯を広げるためにデイジャスト機能を外しているのですが、これは謎と言えるかもです。
謎と言えば52KSはデイトモデルがありますが、52LMではデイトモデルに出会ったことがないです。
どなたかお持ちの方がいらっしゃれば是非、ご連絡を!


ハイビートとなった56LMDXも当然精度が出ます。